AX

喫煙 受動喫煙 影響

禁煙成功の秘訣【禁煙成功者の禁煙方法・コツ】

喫煙、受動喫煙が及ぼす体への影響 

読了までの目安時間:約 5分
喫煙 受動喫煙 影響

喫煙と受動喫煙ににより健康被害を受けてしまうことはよく知られています。

 

WHO(世界保健機関)は先進諸国の病気と

死亡の最大の原因がタバコにあると報告しており、

当然、口の中の健康を害する要因の一つにもなっています。

 

 

喫煙と歯周病の関係

 

喫煙 歯周病

 

 

 

喫煙と歯周病は密接に関係しています。

口腔、特に歯周組織は、能動喫煙だけでなく受動喫煙・三次喫煙でも、

直接害を受けてしまいます。

 

 

タバコに含まれているニコチンなどは、

口の中はもちろん身体全体の血管を収縮させます。

 

 

血管が収縮すると、血流が悪くなってしまうので、

歯肉に十分な酸素や栄養素が供給されません。

 

 

また喫煙により、白血球の機能が大幅に低下し、

歯周組織を細胞から守る力が弱くなり、

細胞の回復力にも影響を与えます。

 

 

タバコに含まれている成分が唾液の分泌量を低下させたり、

歯垢(プラーク)や歯石を付着しやすくし、歯肉の血行を悪くするため、

歯周病にかかりやすくなります。

 

 

この歯周病が口臭の原因の一つとなるのです。

 

 

喫煙は糖尿病と並んで歯周病の二大危険因子の一つで、

喫煙と歯周病は密接に関連しています。

 

 

歯周病は虫歯と異なり、それが「歯肉炎」の状態ですが、多くの場合痛みもなく、進行がゆっくりとしているため、気づくのが遅くなり、症状が悪化しがちです。

 


ニコチン摂取による歯周病の三つの要因

 

 

ニコチン 歯周病

 

 

歯周病の発症には、大きく分類すると「細菌因子」「環境因子」「生体因子」の三つの要因があります。

 

 

喫煙習慣は歯周病を発症・憎悪させる最大の危険因子の一つです。

 

 

喫煙者は、非喫煙者に比べて重度の歯周病にかかる確率が5~7倍も高いといわれています。

 

 

喫煙が歯周病に与える影響は、三つに分けられます。

 

 

第一の影響は、喫煙者は免疫力が落ちるため、細菌が原因の歯周病にかかりやすくなってしまします。

 

 

第二の影響は、出血などの自覚症状が出にくく、気が付いた時には重症化してしまうことが多くなる点です。

 

 

これは、ニコチンの毛細血管収縮作用により本来の炎症症状が隠されてしまうためです。

 

 

第三の影響は、喫煙者の歯肉はニコチンの影響でゴツゴツと硬くなってしまう点です。

 

 

こうなると歯周病治療が難しいことや、歯肉の治癒能力が落ちているため、非喫煙者と同じ治療を受けても喫煙者の方が効果が現れにくくなります。

 

 

喫煙により、一酸化炭素・窒素酸化物・ニコチン・タール・ヒ素など多くの有害物質が影響しているといわれています。

 

 

その中でも一酸化炭素・ニコチン・タールは「三大有害物質」と呼ばれています。

 

 

一酸化炭素・ニコチン・タールなどが歯肉の毛細血管を収縮して、

その影響で、歯肉の血液が循環不良となり

血液中の白血球が持つ免疫機能や治癒能力を弱めることになります。

 

 

こういった悪影響が喫煙者の口の中では起こっています。タバコは百害あって一利なしとは言ったものですね。

 

タグ :  

タバコの害

この記事に関連する記事一覧